いきなスポレク公園周辺

しまなみ海道,釣り,生名島
南波止から。奥に見えるのが北の石波止

 

駐車スペース:あり
トイレ:スポレク内にあり
自動販売機:同上
常夜灯:南波止にあり
電線:同上
係留船:同上

 

 

生名島の南西にある「いきなスポレク公園」近くには砂浜があり、砂浜の南北には小さい波止が整備されています。2020年7月調査時は立入禁止の看板やフェンス等はなく釣りをすることができますが、南波止の桟橋には立ち入らないようにしましょう。南北どちらの波止も道路からは見えにくい上、波止は短く入釣者は少ないので、のんびり釣りをしたい人にオススメの釣り場です。

 

周辺は岩城島との水道部に面するため、時間によっては潮は速く複雑に流れます。沖は岩の散在する砂地で、根掛かりの多い場所や少ない場所があるため、自身に適したポイントを狙いましょう。砂浜側はやや浅く、ある程度沖を狙う必要はありますが、入釣者が少ないので釣り荒れ感は少ないです。投げ釣りでは1つのポイントを集中的に狙うよりも広範囲を探ったほうが釣果に恵まれる傾向があるので、竿は2.3本用意しておきましょう。

 

釣り場としては、「南波止」は敷石の上にコンクリートとタイルで整備された構造で足場は良いですが、頭上に電線のある常夜灯、沖向きには桟橋が設置されているため、竿を振りやすいとは言えません。沖側に桟橋、南側に岩場があるため狙える範囲が狭く、潮の流れによっては釣りにならないことがあるので、釣り座の選定を間違えないようにしましょう。

 

砂浜からは投げ釣りやフカセ釣り(渚釣り)が楽しめますが、沖はやや浅いため、投げ釣りでは50m程度は投げたほうがよいでしょう。

 

「北波止」は大きな岩と積み重ねた石波止で足場は少し悪いです。石波止は緩やかに積み重ねられており、低潮位時は露出する部分が多いためやや釣り難く、高潮位時は足場が狭くなるので注意が必要です。頭上に障害物はないため竿を振りやすいですが、北の岩場方向へ近づくほど根掛かりは多くなるので正面から南波止の間を狙うのがオススメです。

 

情報誌ではアイナメ、カレイ、キス、スズキ、チヌ、ベラ、マダイ、メバル、イカ等が狙えるポイントとして紹介されています。

 

しまなみ海道,釣り,生名島
南波止(左側)と砂浜

 

しまなみ海道,釣り,生名島
南波止付近から見た北波止(中央右の橋下)

 

しまなみ海道,釣り,生名島
南波止付け根から

 

しまなみ海道,釣り,生名島
南波止

 

しまなみ海道,釣り,生名島
南波止の南側

 

しまなみ海道,釣り,生名島
南波止南側先端から見た桟橋の下付近

 

 

しまなみ海道,釣り,生名島
先端から見た桟橋

 

しまなみ海道,釣り,生名島
先端の足下部分に入っている敷石

 

しまなみ海道,釣り,生名島
先端から北波止向き

 

 

しまなみ海道,釣り,生名島
南波止から南向き

 

しまなみ海道,釣り,生名島
南波止北側にある階段

 

しまなみ海道,釣り,生名島
もう1枚

 

 

 

いきなスポレク公園周辺

愛媛県越智郡上島町生名