垂水港

<広告>

垂水港

030生口島垂水 (10)
北波止

 

駐車スペース:あり
自動販売機:あり
トイレ:サンセットビーチにあり
電線:なし
常夜灯:あり
係留船:多い

 

 

生口島西部、サンセットビーチの南にあるのが「垂水港」です。港には2本波止があり、このサイトではサンセットビーチ側を「北波止」、港内のフェンス横から北にのびる波止を「南波止」と呼ぶことにします。

 

まずサンセットビーチ横の「北波止」は付け根から先端まで結構長いです。付け根付近の潮は緩く根掛かりもほとんどしないので釣りやすいです。付け根付近は浅く釣りに向かないように見えますが50mほど投げれば30cm級のアイナメやカレイ釣れたことがあるので要チェックです。小型魚も多いので、小さい魚は積極的にリリースすることを心掛けましょう。
北波止の中間から先端に近づくほど水深も深くなり、潮もよく動くようになります。特に先端付近は時間によっては非常に速い潮が流れるので、自分の釣りやすい場所で釣りましょう。入釣者が多いポイントなので無理な割り込みはせず、一声かけて確認してから釣るようにしましょう。

 

中間から先端にかけては潮が速いものの根掛かりは少なめなので、ウキ釣りやサビキ釣りだけでなく投げ釣りも十分楽しめます。水深があるため近投でも釣れますが、波止に電線がないため遠投してみるのもいいでしょう。

 

この付近はチヌやコブダイの魚影が濃いのか、細仕掛けでウキやサビキ釣りをしていると、いきなりアタリの後に仕掛けを切られることがあるので、すこし太めの仕掛けを使い玉網も準備しておきましょう。また先端付近で釣る場合は船の往来に注意しつつ、港内向きに1本は投げておくのをオススメします。

 

次に「南の波止」ですが、付け根にはスベリがあるので、その先から先端にかけて釣り座を構えましょう。外向き20m沖で満潮時に水深が約8mほどあるので、真冬でも何かしら釣れることが多いです。波止の潮は速いですが、根掛かりは少ないので好きな釣り方で楽しみましょう。こちらも船の出入りに注意しつつ、港内向きに1本置き竿をしておくといいでしょう。

 

北波止と同じようにいろいろ釣れますが、近年はエギ釣りでイカがよく釣れているようです。北波止ほど釣り座は広くないので無理な割り込みはしないようにしましょう。

 

港内は係留船が多いので釣りをする場合は十分注意してください。桟橋付近にはフェンスが設置されているので、絶対に立ち入らないようにしましょう。

 

030生口島垂水 (11)
北波止付け根にある看板。マナーを守り釣り禁止区域が増えないように気をつけましょう

 

<広告>

 

垂水
北波止先端部

 

垂水
北波止先端から付け根向き。左に見えるのが「サンセットビーチの波止」

 

 

垂水
北波止先端から見た南波止

 

030生口島垂水 (2)
南波止付け根

 

<広告>

 

垂水
南波止先端部。墨跡は流して帰りましょう!

 

垂水
先端から付け根方向

 

YouTubeで釣り場の様子を公開しています。

 

生口島・垂水港サンセットビーチ側(北波止)

 

生口島・垂水港(南波止)

 

 

 

<広告>