名荷港

<広告>

名荷港

033井口名荷港 (2)
名荷港東波止先端から付け根向き

 

 

生口島の北部には、因島と佐木島、生口島の3つの島とで囲まれている海域があり、「名荷港」もその海域にあります。港には東に長波止、西に短波止と短波止の横に護岸があり、釣りをすることができます。また名荷港から東へ少し進むと道路沿いにスペースがあり、釣りができるようです。名荷港付近では他にも、名荷港から西へ1kmほど進むと北にすこし突き出た護岸があったので、当サイトではそれぞれ

 

名荷港
名荷港東のスペース
西の護岸

 

として、写真を掲載しておきます。

 

名荷港

茗荷港西岸壁
西岸壁から見た西波止

 

駐車スペース:あり
自動販売機:あり
トイレ:あり
電線:なし
常夜灯:あり
係留船:多い

 

<広告>

 

名荷港付近の潮は非常に速く複雑に流れるので、フカセやウキ、サビキ釣りなどに向いています。投げ釣りも小潮や潮止まり前後で潮が緩む場所を狙えば根掛かりも少ないですが、潮が動き始めると仕掛けが流され、根掛かりが多くなります。

 

東の長波止はコーナーから先端の沖は非常に潮が速く流れるので釣り難いです。沖には岩が散在し、仕掛けが流されると根掛かりが多くなるので、投げ釣りの場合は道糸を細くするか、捨てオモリ式の胴付仕掛けで狙うといいでしょう。流れが速く複雑なおかげで魚影が濃いようで、遠投の必要はありません。

 

初心者の方や家族連れの場合はコーナーから先端にかけては足下付近を探り、潮位が高い時間は比較的流れの緩い港内を釣るのがいいと思います。アジやサヨリ、ママカリがよく寄ってくるのでサビキ釣りもオススメです。

 

付け根から道路護岸にかけてと港内には敷石が入っていて、その沖を釣ればセイゴやチヌ、メバルが釣れますが浅いので潮位が高い時間が狙い目です。エギンガーの姿をよく見かけるので、イカもよく釣れるようです。

 

西の短波止と護岸も流れが速く複雑なので、あまり遠投しないほうが釣りやすいです。西波止の港内向きは係留船が多いので、引っ掛けないよう十分に注意してください。また、西の護岸で作業している時は絶対に近づかないようにしましょう。

 

茗荷港西岸壁
西岸壁

 

033井口名荷港 (6)
東波止コーナーから見た付け根付近

 

 

名荷港
東波止コーナーから先端方向

 

033井口名荷港 (4)
東波止先端から見た西波止

 

 

名荷港
東波止先端部

 

名荷港
東波止付け根から見た港内

 

名荷港
港内は敷石が多い

 

<広告>

 

名荷港東のスペース

034名荷北
結構広いスペース

 

名荷港から東へ少し進むと道路沿いにスペースがあります。何枚か写真を撮ったので掲載しておきます。

 

034名荷北
西向き

 

034名荷北
切れ目がありました

 

034名荷北
切れ目から北向き

 

034名荷北
切れ目から見た生口島橋

 

<広告>

 

西の護岸

C1生口ドルチェ西の護岸
西の護岸

 

名荷港から西へ1kmほど進むと、ジェラートのお店「ドルチェ瀬戸田本店」があり、その北西に護岸があるので写真を掲載しておきます。

 

C1生口ドルチェ西の護岸
護岸西向き

 

C1生口ドルチェ西の護岸
同上

 

<広告>

 

C1生口ドルチェ西の護岸
東向き

 

C1生口ドルチェ西の護岸
沖方向

 

C1生口ドルチェ西の護岸
護岸から見た「ドルチェ瀬戸田本店」(写真真ん中付近の茶色の建物)。甘いものが好きなら行くべし!

 

C1生口ドルチェ西の護岸
さらに西に進んだ場所

 

C1生口ドルチェ西の護岸
沖向き。こんな時は波打ち際から竿出しすると釣りやすいです

 

 

YouTubeで「名荷港」の様子を公開しています。
生口島・名荷港(YouTube)

 

 

↓地図左端にあるのが「名荷港」、右のマークポイントが東の道路沿いスペース

 

↓地図右「瀬戸田高」の右上に「名荷港」、マークポイントに西の護岸」があります

 

<広告>