<広告>

荻の波止

C7-2宮原荻の波止
西波止付け根付近から見た東西の波止

 

「宮原港」の西、「生口島南インター入口」の南にあるのが「荻の波止」で、昔の釣り情報誌では「走出港」とも紹介され、何度も情報誌に掲載された有名ポイントです。

 

西には「く」の字に曲がった波止、東には短波止があり、どちらの沖も速く複雑な潮が流れます。水深もあり釣れる魚種も豊富なのでシーズンには多くの釣り人が訪れる人気ポイントです。

 

近場でのサビキでアジやイワシ、サヨリが釣れ、東波止から東にある「ハナグリ鼻」付近では速い潮の中を狙うと大型のアコウやチヌ、マダイが釣れるようです。ただこの付近は根掛かりが多いので仕掛けは多めに準備しておきましょう。

 

またエギングでのイカの実績も多く、夜釣りではスズキやタチウオも釣れるので、状況に応じていろいろ試してみると良いでしょう。

 

 

C7-2宮原荻の波止
東波止港内奥から見た東西の波止

 

C7-2宮原荻の波止
東波止港内付け根から先端向き

 

C7-2宮原荻の波止
東波止先端から見た西波止先端部

 

<広告>

 

C7-2宮原荻の波止
東波止先端から付け根方向

 

C7-2宮原荻の波止
東波止の東にある「ハナグリ鼻」

 

 

C7-2宮原荻の波止
東波止の付け根最奥部から先端向き

 

C7-2宮原荻の波止
西波止コーナー手前から先端方向

 

C7-2宮原荻の波止
西波止コーナーから見た先端と沖側

 

C7-2宮原荻の波止
西波止先端。沖の潮は速く複雑なのが…見えますか…?

 

<広告>

 

C7-2宮原荻の波止
西波止から見た東波止

 

C7-2宮原荻の波止
西波止先端から付け根向き

 

C7-2宮原荻の波止
西波止の西側は浅い

 

 

 

<広告>